カテゴリ:たわいのない話( 50 )

くじ引き

先日、ニャンコ先生の話題のところで、一番くじのお話をしましたが
覚えていらっしゃるでしょうか?

6月9日土曜日は、そのニャンコ先生グッズも当たる可能性のある
夏目友人帳の一番くじ発売の日でした。

当日は、朝からあいにくの雨…。

あまりお外には出かけたくないお天気です。

でも、今日は楽しみにしていた一番くじが売り出される日。

気になるけど、もしたくさん人が並んでいたりしたら
はずかしいし…。

と思いつつ 気にはしておりましたが、
野暮用もあってなかなか出かけられないまま、すでに夜。

まさか一日で売り切れるなんてないよね? と思いながら
おそるおそる?本屋さんへ様子見に。

コミックコーナー&レジ回りを偵察するも
何もなし。


え? もう完売?! まさか~。


でも たしかに影も形もない。


レジで聞けばいいのでしょうが、そこは照れがあって聞けない。


家に帰ってネットで検索いたしましたところ
まず販売店が少ないことが発覚。

しかも家からチャリで行ける範囲の本屋さんは、どこも「完売終了」とのこと。


やっぱり終わっていたのです。
たった一日で…。

そんなに人気ものだったのね。一番くじ。


最初は、

時間があったら様子を見にいくだけ

で、もしチャンスがあったら一回くらい運だめししてみようかな~ 

という程度だったのですが、


「買えない」 となったら 

火がつきました。


どこかにきっとまだ完売していない本屋さんがあるに違いない。


探しました。

まだ 完売の文字が出ていないところを。


たった一軒だけありました。

ギリギリ チャリで行ける範囲です。


で、翌朝 朝一で…と思ってはいたのですが、

そこは、家族というしがらみがあり、なかなか出かけられずに

またも出遅れ…。


でも まだありました!


残念ながら A賞、B賞、C賞は完売でしたが、D賞以下はまだあります。

でも、狙い目のニャンコ先生のぬいぐるみはA賞。

やめとこうかな~とも思いましたが、せっかくここまで来たのだからと
一回だけチャレンジ!


さてさて、私のくじ運はいかに…!!


残っているうちの一番、D賞が出ました!
e0026704_1951814.jpg

夏目友人帳の主役、夏目君のきゅんぐるみです。

これって喜ぶべきなのでしょうか?
ニャンコ先生狙いの私は、今一つ喜べない…。

もっと下位でもいいからニャンコ先生がついてるグッズがほしかった…。


こんな時に限ってくじ運がいいなんて…。なんということ。


でも、大人なので一回でやめときました。

また次回があったらチャレンジします。ニャンコ先生狙いで。
(なにげに はまってしまったmichiyonです。)


今度は、UFOキャッチャーを狙いにいきそうです。

そんな自分がこわい 今日この頃です。
[PR]
by cleocat | 2012-06-11 19:51 | たわいのない話 | Comments(0)

ヤフオクで…

ある日 ヤフオクで発見してしまいました。

私の作ったブックカバー。

オークションにかけられておりました。


「百貨店で購入。未使用美品。」


買ってくれたけど、使ってくれなかったのね…。(残念)007.gif


嫁にやった娘が実家に帰されてきたみたいな
ちょっと物悲しい気持ちになりました。


ちなみにこのブックカバー 

まだ買い手がついておりませんでした。


さらに 悲しい気持ちになったmichiyonです。


盛り上がって買っちゃったけど、やっぱり必要なかった…って
よくあることですものね。

仕方ないです。


でも、作り手としては、使ってやってほしいのです。

できれば…

「役に立つヤツ」って思ってもらいたいのです。


ブックカバーとして生まれてきたのだから、
きっと本にかけてもらってナンボの人生だと思うのです。


このブックカバーがいいご縁に巡り合えることを
心から祈るmichiyonなのでした。
025.gif
[PR]
by cleocat | 2012-06-10 09:30 | たわいのない話 | Comments(0)

どうでもいいけど… しあわせ♪

誰にでもありますよね?

『どうでもいいけど、幸せ♪』 なことって。

私にもたくさんあります。
すぐには全部思いつかないけど、たくさん。

人から見たら なんだよ、それ。 ってことでも
自分にとっては、たまらなく幸せ~♪ ってものをたくさん持っていられる人って

大きな幸せをひとつ持っている人よりも きっとずっとずっと幸せなような気がします。

小さなことに感動できる心があれば、人生結構楽しめます。(^-^)


で、そんな幸せのひとつが…

この 「お風呂でアイスクリーム」 です。
e0026704_11412322.jpg
お気に入りのアイスクリームは、この明治のチョコバー。

お湯につかりながらの冷た~いアイスクリームは、冬も夏もたまりません。

michiyonのプチ贅沢です。001.gif


あ、もうひとつ思い出しました。
e0026704_11462672.jpg
モンちゃんの寝顔です。
この顔見ているだけで、幸せ♪ になります。

そのまま傍でお昼寝 が 最高の贅沢です。
[PR]
by cleocat | 2012-06-07 11:47 | たわいのない話 | Comments(4)

にゃんこは縁をつなぐありがたい存在

このブログを読んで下さっている皆様は、ほとんどが「猫好き」ですよね。

猫… 

あ~ この世にこんな可愛いものがいたなんて

そのかわいいものと一緒に暮らせるなんて 

私ってなんてしあわせ者なんだろう。

って思いませんか?


私が猫と暮らし始めたのは、30代の頃です。

初めて我が家に迎えた猫、ヒラメちゃん。


最初は、猫のことなんてなんにもわからなくて、いろいろ戸惑いました。


まずびっくりしたのが、ノドをゴロゴロ鳴らす音。

初めて聞いた時は、「な、なに?! この音。 何?!」って
ちょっとパニくりました。 (正直な話)


次に毛玉を吐くしぐさ。

急に体をくねらせて、ゲロって何か吐きだした!!! 大変!!!!
またしてもパニくりました。 (今考えるとおはずかしい。)


で、足音をたてずに歩くっていうのも 慣れるまで怖くって。

だって、気づくとすぐ側にいるんですよ!

最初は、「ひえぇぇぇ~~~~」ってびっくりしてました。
(今思うと こっけいですけどね。)


それとね。

猫の体のこと。なんにも知らなかったので、もしや気持ち悪い部分とかある?

なんて思いましてね。


ある日、嫌いなところはないかと体中身体検査してみましたところ…


これが、どこを見ても かわいいんですね~~。


お耳も お目目も お鼻も おヒゲも お口も 

のど元も なだらかな肩も

ねこ手も 肉球も

やわらかくて しなやかな体も

しっぽも 

おまけに おしりの穴まで(笑)



嫌いなとこなんてないじゃん。


…っていうか

なにもかも かわいい♪♪


完全に 猫ばか体質であることが発覚。


その日から 猫のとりことなったmichiyonなのでした。


大げさにいうと その日から私の人生変わったって言えるかもしれません。


猫が好き ってことで、人間関係も前よりずっとずっとなめらかになったし、

猫つながりで お友達もたくさんできるようになったし、
(実は、それまで結構友達できにくい体質でした。)

毎日の暮らしの中で 猫に救われたり、教えられたり ってこともたくさん

そして何より

こうしてネットショップをやっていられるのも、猫ちゃんのおかげです。

猫にもらったご縁は数知れず…。


猫は私の人生のパートナーであり、先生であり、守り神でもあります。


ヒラメちゃん、モンちゃん、フクちゃん、クーちゃん。

みんな素敵なニャンコ先生です。


そして天国に行ってしまったヒラメちゃんとクーちゃんは、
ニャンコの守護天使としていつも私を守ってくれています。


猫ってすごいですよね。


生きている時も 亡くなってからも ずっとずっと存在しつづけるのです。


奥が深いな~~~。 ニャンコって。

人生で出会えてよかった♪ と思える大切なもののひとつです。
e0026704_3165833.jpg
ねむいニャ~ のおふたり
[PR]
by cleocat | 2012-05-30 10:13 | たわいのない話 | Comments(0)

ダブルチェックを忘れずに

今年もまだ始まったばかりというのに…

最近なんだかよくお会計の金額を間違われます。

まずは、いきなり元旦から…

近所のブックオフが本全品(一部除く)半額セールをするというので
のぞきに行ってみました。

すでにお安い値段になっているのに、さらに半額!って大きいですよね。

で、最近集めているワイン関係のマンガと猫ものコミックをお買い上げ。
とても丁寧な店員さんで、問題もなく気持ちよくお会計。

そのあとブックカバーのサンプルになるような厚めの文庫本を探しに別のフロアーへ。

ここで、ちょっと宣伝させて下さい。

私が作っているオリジナルのブックカバー(文庫本用)は、
調節式ではなく、差し込み式なのですが
薄い本から結構厚い本まで幅広くかかるのです。

で、それをわかっていただくためのサンプル本がほしくて、
厚めの文庫本を探している…というわけなのです。

でもせっかく買うのだから読みたい本がいいな~と物色しておりましたが
なかなかピンとくるものがなく、またにしようかな…と思った時に

またしても運命ですね。(おおけさだっちゅうの)

その名も『心にズドンと響く「運命」の言葉』(ひすいこたろう著)という本が目に入り
パラパラっとめくったところ、たしかにいい言葉がたくさん。

こういう本好きかも♪ にっこり。

厚い本ではないけれど、私好みの本に出会ってしまったので、お会計へ。


レジには、あわただしく打ち合わせをしている風の店員が数名。

なんとな~く不安な感じはあったのですが、本を渡してお会計をしようとすると…


「xxx円です。」と定価をいう店員。

「え? 半額じゃないんですか?」とすかさず聞き返す私。

「あ、、、、申し訳ありません。○○○円です。」悪びれず応える店員。


(間違ってんじゃん!)

店中に「半額」のちらしを貼りまくり、店内放送でも「半額」と繰り返し
店頭でも「半額」と呼び込みをしているのに、間違える?!

お客さん的には、正しいことを言ったとはいえ、妙に心にストレスがかかります。

…っていうか、気の弱い人だったら言えないよね。

で、正月早々間違った値段で会計されて、
正月早々納得いかない いや~な気持ちでお家に帰ることになったよね。

ブックオフさん。(ここははっきり店名を出します。)
社員教育はきちんとして下さい。

せっかくいい商品を集めて、いいサービスをしても
最後にこれじゃ 台無しですよ。

…と 説教はしませんでしたが、どうなってんじゃい!と
心にちょこっと火の付いたmichiyonでした。

でも、ブックオフさんにはこれからも通います。お気に入りです。


そして、翌日…

今度は、福袋を買いに恵比寿三越に行ったmichiyon。

お目当ての福袋も買えて気分良く、他のフロアも偵察。

お正月だし、タオルもセールしてたら新調しちゃおうかな♪と
タオル売場へ。

かなり質のいい、デザイン的にもステキなタオルがたくさんあってテンションあがり、
あれ、これ、と物色しておりましたところ

とても感じのよいお姉さん店員が、

「それ、すごくお安くなってますよ。
お決まりのものはレジでお預かりいたしましょうか?」と

やさしく声をかけて下さり、

もうだいたいどれにしようか決まっていたので、お会計していただくことに。

タタタタタ…、目の前で電卓をたたく店員さん。
1品ずつ丁寧に確認しながら計算しています。


「xxxx円でございます。」

「では、カードでお願いします。」


 … ちょっと待てよ(心の声)


「xxxx円? 高すぎません?」

「あ、、、、、、、申し訳ありません。」



あわてて もう一度電卓をたたく店員さん。



「申し訳ありません。○○○○円でした。」


またかい! 間違ってんじゃん!(心の声)
しかも1,000円以上も違うじゃん!


でも、売る側の立場にもたつ私にはわかります。

電卓は時々間違います。

だから 私はいつも2回同じ計算をしてから
お客様に合計を伝えます。


社会人一年生の時に習いませんでしたか?

何でもダブルチェック。確認が大事だと。
自分を過信してはいけないのです。

私もこわい先輩に叩き込まれました。
今では感謝しておりますが。


どんなにいい接客をしても会計を間違えるのは致命的です。


人の振り見て我が振り直せ。

と申します。


新年早々の教訓として、私も肝に銘じたいと思います。


店員の皆様。 ダブルチェック。よろしくね!
[PR]
by cleocat | 2012-01-03 17:30 | たわいのない話 | Comments(0)

私ってクレイマー?!

クリスマス前のある日のことです。

私は行きつけのコンビニで、「クリスマスケーキ」と書かれた
いちごのショートケーキを見つけました。

スポンジケーキの間にモモなどのフルーツが挟まっている
そこそこおいしそうなケーキです。

…とはいうものの、何のデコレーションもない普通のいちごのケーキ。
まあるいのではなく、細長い20cmほどのケーキです。

値段が書いてないのが気になりましたが、

ま、コンビニで売ってるケーキです。
高くても500円前後かな?と思い、そのままレジへ。

お会計をして、え?!!! と思いました。

このケーキが900円って ちょっと高くない???

???? の文字が頭の中を駆け巡りましたが、
キャンセルして下さい の一言が言えずにそのまま支払いを済ませ、家へ…。

michiyonダンナに

「このケーキ900円もしたんだけど、納得いかないんだよね~」と話したら 

「それ、高すぎ!」とのご意見。


やっぱり高いよね…。

でもね。もしかして有名菓子店のかもしれないし…。
だったらそれくらいするのかも。

…と無理やり自分を納得させようと 貼ってあるシールを見てみると…


え?!! ヤマ○○製パン?  あのヤマ○○?!!!

いつもはカットケーキ2個入りで480円くらいで売ってるあのヤマ○○?!!

たしかに不二家と提携してるけど、それにしても高くない?


ここで私の気持ちはブチ切れました。

ヤマ○○には、何の恨みもないけれど、

意味もなく


許せん…。


だったらもう数百円だして、本物のお菓子屋さんのケーキ買うよ!

いきなり怒りがこみ上げてきました。


「もしかして、値段間違えて登録してあるのかもよ。」とのmichiyonダンナの言葉に


たしかに…。

と思った私は、ケーキを持って再びコンビニへ。


「あの~。 このケーキの値段間違ってませんよね?」と若いおね~ちゃん店員に聞いてみる。

めんどくさそ~に確認するバイトさん。


「間違ってません。」とのお答え。


「これってキャンセルできませんよね?」と弱気な発言ながらも返品を求める私。


「ちょっとお待ち下さい…。」と店長を呼びにいくバイトさん。


来たぞ! 店長。 なんとなく強気な態度。


生菓子だし、一度持ち帰ってるし、きっと断られるにきまってる。

だったらあきらめよう~。


…と心ひそかに撤退を決意する私。


でもそんな私の口から出た言葉は、

「これ、値段貼ってなかったんですよね。こんなに高いケーキだったら買わなかったんですけど…。」

めちゃめちゃ強気やん! 自分でびっくり!


周りには、結構お客さんもいて、完全にクレイマー状態。

こんな状況のぞんでなかったのに~。(心は叫ぶ)


気がつけば 完全に私のペースとなっており、店長あっさり返金に応じ
勝利して店を出る私。


これってやっぱりクレイマーだよね? と思いつつも
納得のいかないケーキを買わずに済んで、ちょっとうれしいmichiyonなのでした。


やっぱ、私も知らないうちにおばちゃん化してたのね。

今後気をつけよっと。


皆様も値段のついていない商品にはお気をつけあそばせ。

e0026704_823938.jpg

フク 「それは間違いなくクレイマーニャね。 気をつけなはれ~。」
[PR]
by cleocat | 2011-12-28 08:24 | たわいのない話 | Comments(2)

虹の橋のおはなし

皆様ご存じのようにmichiyonは、インターネットのお店を運営しています。
だから 毎日どのくらいの数のお客様がお店を見て下さっているのかがとっても気になります。

トップページに無料で使えるカウンターを設置してはいますが、この数字は全くあてになりません。

そこで、レンタルしているサーバーの付加機能のひとつであるアクセス解析というものを
利用して、どのページを見ていただいているのかたまにチェックしています。

で、最近気付いたのですが…

意外にも「虹の橋」のおはなしを綴ったページへのアクセスが多いのです。

「虹の橋」というお話は、知っている方も多いと思います。

可愛がっていたペット(この言い方はあまり好きではありませんが…)が亡くなった時
天国の少し手前にある「虹の橋」と呼ばれる場所に行くというお話です。

私も大好きだったヒラメちゃん(享年9歳)とクーちゃん(享年7歳)を亡くしています。

このお話に出会ったのは、いつ頃だったかな?

よく覚えていないのですが、ネットでいろいろな方のホームページを見ていた時
偶然、このお話に出会ったのです。

なんて優しい、そして心を癒してくれるお話なんだろうって思いました。

このお話は作者不詳で、そもそも誰が書いたかわからないのですが、原文は英語で書かれています。

ですから、いろんな人がいろんなふうに翻訳して日本語でこのお話を伝えているのですが、
私もちょこっと英語を勉強した身なので、私なりに訳してみたいな~と思い立ち、
michiyonバージョンの虹の橋を書いてみました。

大好きだった猫ちゃんを亡くした時、どんなに淋しく、どんなに悲しいか、私は身をもって
体験しています。

そして一番気になるのは、
魂でもいいからもう一度大好きだったその猫に会えるのかどうか…ということ。

そんな思いを「虹の橋」のお話は、やさしく包んでくれました。

猫好きのお客様の中には、もしかしたらこのお話を知らない方もいるかもしれない…

だったら「キャットバルーン」のHPの片隅に載せておいたら、
もしかして何かのお役にたつかもしれない。

そう思ってインターネットに公開していたのですが、こんなに頻繁にいろんな方に
見ていただけているなんて、びっくりしました。

でも、もしかして ほんの少しでも 皆様のお心を軽くするお手伝いができているのなら
こんなにうれしいことはないと思いました。

去年クーちゃんが、まだ若くして急死してから もう1年以上もたったのですね。

あの頃は、私もまだまだ精神的に立ち直れなくて 一番つらい時期でした。

猫たちもいっぱい心配してくれましたが、あの時はそれさえも助けにはなりませんでした。
私の心は完全に閉ざされていましたし、喜怒哀楽すら感じられないほど心が弱っていました。

そこにクーちゃんの突然の死です。

それはもう言葉にはできないくらいつらいものでした。

あれから1年と2ヶ月。 私がこんなふうに元に戻れたのも亡くなったクーちゃんのおかげと
思っています。

天国の少し前にある「虹の橋」に行ってしまったクーちゃんが、私を心配して
元気を授けにきてくれたのだと信じているのです。

そうでなければ、あんな状態からこんな風に元気になれるなんてありえないのです。

猫って不思議です。

亡くなったあとも、ヒラメちゃんに助けられた!と思う瞬間が何度もありました。

それは、もう説明のつかないことばかりで、猫たちが救ってくれたとしか思えないのです。

ヒラメちゃんもクーちゃんも遠いところへ行ってはしまいましたが、いつも私の傍にいて
私やmichiyonダンナを守ってくれています。

同じ思いをされた方、きっとあなたの猫ちゃんも同じようにあなたのことを守っていますよ。

猫って、生きてる時も素敵ですが、亡くなってからもずっとずっと素敵なんです。

元気だった頃のヒラメちゃんとクーちゃんです。
e0026704_8465963.jpg
              ヒラメちゃん。

e0026704_8491236.jpg
              クーちゃん。
[PR]
by cleocat | 2011-10-27 08:53 | たわいのない話 | Comments(0)

もう2ヶ月になります

クーちゃんが突然亡くなってから明日でもう2ヶ月になります。

あまりに突然いなくなってしまったので、今でもまだクーちゃんがいないことに慣れない私です。

ごはんもたくさん、食べすぎるほど食べていたクーちゃんだったので
モンちゃんだけでは、食べきれずに残りを捨てることもよくあります。

ちなみにフクちゃんは、缶詰のごはんはほとんど食べません。

クーちゃんがいた頃は、ごはんばっかりたくさん食べて、モンちゃんの分まで奪ってしまうので
ほんとに困ったものだと思っていましたが、今となっては どんなにごはんを食べても構わないから
生きていてほしかった… そう思うばかりです。

トイレの猫砂も2匹だけだとそれほど汚れません。

1匹いなくなってしまっただけで、こんなにもいろんなことが変わってしまうんだな~って…
悲しいですね。

体が大きかったせいで、歩き方がよちよちしていたクーちゃん。
でも名前を呼ぶと 犬のようにすぐに傍にやってきました。

舌をしまい忘れてしまうのも可愛い癖で、声を出さずにニャーと言ったりするので
クーちゃんの「エアーニャー」と呼んでいました。

可愛い思い出ばかりたくさん浮かんできます。


おかげさまで モンちゃんとフクちゃんは とっても元気にしています。

この2匹に癒されることばかりで、本当に感謝しています。

皆様には本当にいろいろご心配をしていただいて、ありがとうございました。
[PR]
by cleocat | 2010-10-20 20:04 | たわいのない話 | Comments(6)

桜の季節になりました

いろいろありましたが…
季節はすっかり春になりました。(^-^)

いろいろご心配をおかけしたままになっておりまして申し訳ありません。m(__)m

e0026704_1524498.jpg

毎年 人気の高まる目黒川の桜も満開です。

e0026704_15183897.jpg

一年に一度 この季節だけ華やぐ近所の目黒川。
今年も見事に桜が咲いて、一年って早いな~ って思ったり。

e0026704_15215077.jpg

例年にない寒さやすごい風にも耐えて美しく咲いている桜を見て
私もがんばらなくっちゃ なんて思ったり。

「キャットバルーン」復活に向けてがんばっております。
また楽しいことたくさんご報告できるようになれば…なんて思いながら。
[PR]
by cleocat | 2010-04-03 15:25 | たわいのない話 | Comments(7)

もしかしたら…

皆様、またまた雲隠れ状態のmichiyon店長です。 (^-^;;

もしかして またまたご心配をおかけしているかも…とは思いながら
なかなかブログも更新できずにおりました。 ごめんなさい。

いろいろなことが 押し寄せたこの数ヶ月。 なかなか時間の余裕がもてなかったり
気持ちの整理がつかなかったりと ブログを書くことができずにおりました。

お店のほうも 一進一退といった状況で 正直言ってなかなか 大変だったりします。

夢はかなった後が大変なんだよね~ なんて思いつつ

どうしたら もっともっとたくさんのお客様にお店のことを知っていただけるのだろう…とか

どうしたら もっともっと魅力的な商品が揃えられるんだろう… とか

悩みはつきません。

そんな中 今年最後の催事となる名古屋のねこ展に向けて作品の制作とか がんばっております。

しばらく催事はお休みしようと思っているので、最後くらいがんばらないとね。
なんて思いつつ…

今までも ネットショップ、作品制作、催事 と なんとか時間をやりくりしながら
がんばってはきましたが、ここにお店が加わることが こんなに大変だとは…

想像以上でした。

それで 催事はしばらくお休みすることにしたのです。

催事の準備をするために ブログも更新できず お店におくための作品も作れないので
お客様をお呼びすることもできず

すべてが中途半端…

今までと違ってこれで食べていかなければいけないという重圧…

あたまの中が整理できなくて いろんなバランスをくずしそうになっていました。

ネットショップも「キャットバルーン」から「モンクレオ劇団」へと
移行しなければならないのですが 買い物かごの設定をしなおすことが
簡単ではなく 時間もない今の状態では なかなかスムーズにいきません。

お買いものをして下さるお客様には ここ数カ月メンテも行き届かない状態のままで
本当にご迷惑をおかけしています。 申し訳ございません。

名古屋が終わりました7月末あたりから 少しずつ復活していくつもりですので
どうぞ あたたかい目で見守っていただけると助かります。

早くいろんなことが軌道にのりますように…。

そんな思いで毎日がんばっております。

あ… モン社長はじめ 我が家の猫たちは みんな元気にしております。

モン社長ブログも始めるはずだったんですよね。
忘れてはいないのですが…。 

そうそう 先日 IT's Com というケーブルテレビの取材が入りまして
お店の窮地?を救うため 救世主としてモン社長が初出勤いたしました。

モン社長もすでに結構なお歳(14歳)ですので、社長の体調によっては
出勤は無理かも…と思っていたので あえて皆様にお知らせすることは
しなかったのです。 ごめんなさい。

でも思いのほか 社長は元気に出勤して下さいまして 
もしかしたら 2度目の出勤も遠い日ではないかもしれません。

その時は 前もってお知らせしますね。

放映される日はまだわからないのですが、映像が手に入りましたら
皆様にも見ていただけるように公開しますね。
[PR]
by cleocat | 2009-06-26 20:14 | たわいのない話 | Comments(4)


猫のオモチャ屋さん「キャットバルーン」の店長が猫三昧の毎日をおもしろおかしく綴ります。(^-^)v


by cleocat

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
キャットバルーン
今日のにゃんこ
モン社長
ふうせんねこ
おいしいもの
イベント情報
お知らせ
猫のオモチャ
猫グッズ
猫イベント
もんぷくクー劇場
とろりん村
たわいのない話
猫の肖像画館絵ハガキ
ヒラメちゃんメモリー
旅行、観光
ねこ展(大阪近鉄百貨店)
ねこ展(新宿タカシマヤ)
ねこ展(日本橋髙島屋)
ねこ展(プランタン銀座)
ねこ展(名古屋三越)
ねこ展(柏髙島屋)
ねこ展(立川タカシマヤ)
ねこ展(大阪まるごと猫フェス)
ねこ展(ねこマルシェ)
ねこ展(広島福屋)
イベント報告
ギャラリー展
ごあいさつ
楽しいひととき
映画、DVD、ドラマ
深いい話かも
大阪ねこ展
パッチワーク
店長のつぶやき
今日のいい言葉
モンクレオ劇団
ねこ展(渋谷東急)

記事ランキング

フォロー中のブログ

どりあんのつぶやき
さくらの苑
with Mint
ぼく 猫 ぴよひこ
mikatianの水彩ス...
スローCatsライフ
にゃんこのしっぽ
にゃんでやねん
cafe de chat**
ネコ マ・ミーレ
そんな毎日、こんな毎日
vege dining ...
マイニチオキラク
** mana's K...
40 ans a Par...
ちくわぶ料理研究家&ねこ...

☆☆ リンク ☆☆

以前の記事

2017年 01月
2016年 09月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

最新のトラックバック

お祭り男
from みゅうたんと一緒 - mi..
ニャンマクラヨガ
from みゅうたんと一緒 - mi..
ウルトラC
from みゅうたんと一緒 - mi..

ライフログ


14ひきのねこのおかいもの


ねここね―はじめての猫ねんど


ねこひねり―粘土でつくるダジャレ猫


イルマーレ [DVD]


ニューヨークの恋人 特別編 [DVD]

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
猫

画像一覧