夢の猫ふうせん

ごあいさつ&ご報告

またまたお久しぶりです。

11月9日朝 病気療養中でした北海道の義父が亡くなりました。

8月下旬に重い病気であるとの知らせを受けてから わずか2か月半…
あっという間に天国へと旅立ってしまいました。

はなはだ個人的なことではありますが、このことで予定していたイベントへの出展を
キャンセルさせていただいたり 北海道へ帰ったりしておりましたため
お客様にもご心配、ご迷惑をおかけしてしまいましたので、ご報告させていただきます。

主人の両親とは義理の仲とはいえ、初めて会ったときから本当の娘のように
やさしくしていただき、私もお二人が大好きでした。

東京と北海道と 遠くに離れて暮らしておりましたため 頻繁に会う機会もなく
家には子供もおりませんので 孫の顔も見せてあげることもできず
親不孝ばかりしてきました。

今さらですが ほんの少しでも何か役にたつことができれば… と 
一人で看病している義母の手伝いに 主人と1週間ずつの交替で10月に
帰省したばかりでした。

私が東京に戻ったのが、亡くなるわずか10日ほど前のことで
その時には まだなんとか話もできる状態でしたので、まさかこんなに早く
旅立ってしまうとは思ってもおりませんでした。

父は、ほんとうにやさしい人で、帯広に帰ればいつでも駅や空港まで
車で迎えにきてくれていました。いつも笑顔で待っていてくれた父の姿が
忘れられません。

もうその車を運転する人もいません。

元気だったころの姿が想像できないほど 痩せこけてしまってはおりましたし
記憶も時々わからなくなるという話でしたが、めったに顔を見せない私のことを
覚えていて下さり、不自由な体ながら とてもうれしそうにお話してくれました。

私が東京に戻る日にも 空港までの足を心配してくれたり最後までやさしい父でした。

治る見込みがないと言われながらの闘病生活は父も母も本当につらかったと思います。

今まで病気という病気などしたことのない父でしたので、本人もわけがわからないまま
天国へと急ぎ旅立ってしまったのではないかと思います。

とても安らかなお顔で永眠しており、身内だけのこじんまりとしたお葬式も
あたたかな雰囲気のものでした。

父は自分の人生にはきっと思い残すことなく旅立ったのだと思います。

心残りは、きっと ひとり残された母と 息子たちのことでしょう。

私にできるせいいっぱいの供養は、母のことをいたわり 息子である主人のことを
できる限り 支えることだと思っております。

ここ数カ月 このような事情のため キャットバルーンのお客様にはいろいろと
ご迷惑をおかけいたしました。

12月中旬には法要のため また数日帰省する予定になっておりますので、
発送の遅れなどまた御不便をおかけすることになってしまいますが、
どうぞ よろしくお願いいたします。


これから いよいよクリスマスのシーズンです。
買い物かごのリニューアルと共に 新商品のアップと 少しずつHPのメンテも進めて
まいりますので、どうぞ今後とも「キャットバルーン」をよろしくお願いいたします。

モンちゃんブログ立ち上げもがんばります!
[PR]
by cleocat | 2008-11-14 23:55 | お知らせ
<< 楽しそうな企画 すっかり… >>



猫のオモチャ屋さん「キャットバルーン」の店長が猫三昧の毎日をおもしろおかしく綴ります。(^-^)v
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
☆☆ リンク ☆☆
以前の記事
最新のトラックバック
お祭り男
from みゅうたんと一緒 - mi..
ニャンマクラヨガ
from みゅうたんと一緒 - mi..
ウルトラC
from みゅうたんと一緒 - mi..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧