夢の猫ふうせん

2011年最後の時に…

いよいよ2011年も残りわずかとなりました。

今年は大きな震災があり、日本にとっては大変な年でした。

ご家族を失われた方、家や財産、仕事など かけがえのないものを失われた方、
たくさんの方が悲しい思いをされました。

きっとその傷はとても深く、癒されるまでにはまだまだ時間がかかることと思います。

天災は、避けることができません。

でも運命として受け入れるには、つらすぎる経験でした。

当事者の方たちのお気持ちを思うと、とくに大きな被害にも合わなかった自分が
本当に申し訳なく感じてしまいます。

この震災で、長い間ほとんど連絡もとっていなかった海外の友人が
私のことを心配し、ネットで探してくれて連絡をくれました。

とてもうれしかったです。

本当に悲惨なできごとではありましたが、いいこともありました。

それは、日本がひとつになれたことです。

みんなの気持ちがひとつになれたことです。

それは、この震災で、尊い命を失った方たちが私たち一人ひとりに
与えてくれた最高のプレゼントだと思います。

それまで自分さえよければそれでいい…みたいな風潮だった日本に
奇跡がおこったようでした。

私たちの心の奥底に眠っていた、相手を思いやるという気持ち。
その一番大切なものに気付かせてくれたのです。

みんなが、助け合い、支えあい、日本を復興させようとする姿は感動的でした。

日本人に生まれてよかったと思い、日本人であることに誇りがもてました。

そんな2011年がもうすぐ終わろうとしています。

明日から新しい年を迎えて、また新たな気持ちで、
みんなが元気でがんばろう!って思えたら

きっとその気持ちが見えない力となって、日本をもっともっといい国にしてくれるはずです。

ひとりひとりができることは、小さいけれど

それが集まったら大きな力になるってことを教えてくれた2011年。ありがとう!


最後になりましたが、いつも私のつたないブログを読んで下さっている皆様。
いつもありがとうございます。

2011年は、私にとっても大きな変化の年でした。

1年以上もの間 心の病に苦しみ、お店の運営もブログも
何もかも手につかなくなって生きていることさえつらい毎日でした。

このままよくならずに そんな日がずっと続くのかと
正直あきらめていたところもありました。

そんな私が震災後、目に見えない力に助けられるかのように少しずつ
元気を取り戻していったのです。 それは、私にとって奇跡でした。

今ではすっかり元の元気な私に戻りました。

笑われるかもしれませんが、私は亡くなったクーちゃんが救ってくれたのだと
信じているのです。

猫には不思議な力があるって思えてなりません。

昨年クーちゃんが突然逝ってしまった時には、もう何も考えられないくらい
落ち込みました。

でも、きっとクーちゃんの死にはきっと何か意味があったのだと思います。
そう思いたいのです。

私が元気になれたのは、いつも支えて下さる皆様のおかげでもあります。
皆様の応援と支えがあってこそ、キャットバルーンもこんなに長く続けてこれたのです。
いつも本当にありがとうございます。


来年は、もっともっとがんばるつもりです。


どうぞこれからもよろしくお願い致します。
[PR]
by cleocat | 2011-12-31 23:50 | ごあいさつ
<< 新年のごあいさつ 私ってクレイマー?! >>



猫のオモチャ屋さん「キャットバルーン」の店長が猫三昧の毎日をおもしろおかしく綴ります。(^-^)v
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
☆☆ リンク ☆☆
以前の記事
最新のトラックバック
お祭り男
from みゅうたんと一緒 - mi..
ニャンマクラヨガ
from みゅうたんと一緒 - mi..
ウルトラC
from みゅうたんと一緒 - mi..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧